前へ
次へ

内科にも一定の種類があることを知っておく

かつてのクリニックといえば、内科、外科等が病院の診療科の部分にかかれていたかもしれません。しかし最近は内科であれば消化器内科、循環器内科等と書かれているところが多くなっています。具体的にどんな症状の人が受診したらよいかなどの病名などがかかれているときもあります。内科とだけ書かれているところであれば一応は内科を全般に診てもらえるでしょう。一方消化器内科や循環器内科とある時はそれぞれに応じた診察や治療が中心になります。細かく分かれているのはその診療科における専門医の資格を持っているかどうかの時があり、より専門的な治療が期待できます。食べ過ぎなどで胃腸に異常を感じるなら消化器内科が良いのでしょうし、心臓に不安を感じたり手足に冷たさなどを感じるなどであれば循環器内科を受診すると良いのでしょう。受付で症状などを聞かれるので、その分野で無ければ教えてもらえるでしょう。違いがあることを知っておくと病院探しの時に役立ちます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top